幻のアンヌ隊員? 誰よそれ

ウルトラセブン幻のアンヌ隊員と再会

 ひし美ゆり子氏というのは『ウルトラセブン』(1967年)で友里アンヌ隊員役を演った人だが、そのトークイベントが4月11日に神戸で行なわれ、そこに豊浦美子氏が出席したらしい。豊浦氏というのは当初アンヌ役に内定していた女優のことである。ひし美氏が代役であったということは、ファンにとっては有名な話ではあるのだが(隊員服のサイズが合わなかった云々)、しかしこのニュースを聞いて、ひし美ファンというのは本当に訳の分からない人たちだと思った。
 豊浦氏の話なんか聞いて、一体何が嬉しいのだろうか。『セブン』とは何の関係もない話ではないか。
 当日は豊浦氏は「“こっちに出てれば”って思うことはありますね」などと発言したらしい。私が仮にひし美氏のファンで、そのイベントに出席していたら、「ふざけんな! 帰れ!」と叫んでいたことであろう。心の中で。
 友里アンヌというキャラクターが大きな成功を収めたのは、ひし美ゆり子が演じたからである。豊浦氏なんかが演じていたら、きっと大失敗になっていたに違いない(と思うのがファン心理ではないのか)。豊浦氏の「こっちに出てれば」などという発言には、「私が出てたとしても同じように(あるいはそれ以上に)アンヌ隊員は人気が出たはずだわ」などという思い上がりが潜んでいる。
 あるいはこれは豊浦氏の負け惜しみの発言なのであろうか。『セブン』を蹴って別の映画に出演するなどという愚かな決断をした豊浦氏を嘲笑うためにファンが集ったイベントだったのだろうか。しかし、豊浦氏の詳しい活動履歴は詳しくは知らないが、仕事がなくなって引退に追い込まれた、というのではないように思える。多分結婚退職だろう。女優という職業に大した執着も未練もなく、あっさり引退を決めた可能性は大きい。
 そして今は何不自由のない生活を送っていて、そんな人が過去を振り返って「こっちに出てれば」なんて言ったとしたら、それはそれで不愉快な話だ。

 こんなことを書いているのも、私が偏屈だからなのだろうか。しかし、『ウルトラセブン』は五十年近く昔の作品である。そんな昔にヒロインに恋い焦がれ、その思いをいまだに抱き続けている人であれば、偏屈でないほうがおかしくはないか。まあ私は『ウルトラセブン』はあまり面白いとは思わないし、その中でも比較的面白いと思ったのが第11話と第13話だったりするんだが。

21日23日に補足

Comments

はじめまして
確かゴーグルVも桃園ミキ役は当初は早坂あきよさんでしたよね?
向こうは2〜3回出て降板、そして大川さんに変わったんですよね?
管理人さんは早坂さんの桃園ミキって見たくはないでしょうね。
話を本筋に戻しまして、確かにセブンにゲスト出演どころか、特撮番組に一度も出演してない人呼んでもねぇ。
まだ南夕子役をけがで降板した関かおりさん
(Aでゲスト出演しました)ならまだ分かるけど。
むしろ新マンの丘隊員やらタロウの森山いずみ隊員の方が私を含めて近況が知りたいファンが多いと思いますよ。

  • 団ダン
  • 2015/04/16 7:08 PM

 早坂さんは、撮影が始まった直後に降板が決定し、既に撮影済みのシーンは撮り直し。ですから本編には出ていません。
 桃園ミキの場合は、大川さんが余りにもピッタリであったために人気が出たのであって、早坂さんが仮に演じていたとしても、それほどの人気にはならなかったでしょうし、あまり早坂さんの話題が関心を呼ぶこともありませんね。
 それにしても、ひし美さんは「アンヌ隊員の人気が出たのは、『ウルトラセブン』という作品が人気があったためであって、私に実力があったからではない」と本気で思っているのかもしれない。
 しかし、豊浦さんと類似のケースが他にウルトラヒロインにもいたはず、誰だっけ……、と思っていたら、坂田アキ!

Post a Comment








Track back URL

http://eno.blog.bai.ne.jp/trackback/214451

Trackbacks

Go to top of page